精密板金加工・NCTパンチ・レーザー加工・各種溶接

  • 鶴町製作所のブログ
  • 鶴町製作所公式Facebook
鶴町製作所 エコアクション21 TEL:0299-48-0123 E-MAIL:osamu26@tsurumachi.co.jp
事業内容製品情報製品情報製品情報設備紹介会社案内社員紹介
ホーム>会社案内

社長挨拶

 私たち鶴町製作所は精密板金加工をメインとした幅広い金属加工を行なっております。

 最近の物を作ることにおいてのお客様の要求の変化や、世界の構造の変化に柔軟にかつ迅速に対応して、満足していただけるモノづくりをしていくことが使命と考えております。

 その為に必要な設備と人的レベルの向上に常に取り組んでいくことが激動の時代を乗り越えていくことだと認識しております。

 若さとパワーが持ち味の鶴町製作所を今後とも、よろしくお願いいたします。
代表取締役 鶴町 修

経営理念

お客様のニーズを超えるものづくりを追及し、全従業員の成長と幸福、社会の発展に貢献する。

当社の品質方針

この度弊社は、ISO9001(QMS)の2018年12月認証取得を目指し、活動しております。
これまで以上に品質向上に励み、お客様へ信頼性の高いサービスを提供して参ります。
ISO9001品質基本方針 企業理念 当社は、ニーズを超えるものづくりを目指し、お客様の信頼を守るため、品質の向上を最重要課題として認識し、自ら責任を持ち全従業員をあげて品質マネジメントシステムに取り組む経営を目指します。
当社の精密板金加工業としての企業活動をとおして、適用される法令、ガイドライン、その他の社会的規範を厳守いたします。また、全従業員がこの方針を理解し、自主的かつ積極的に取り組むことを宣言します。

1.社会の変化やお客様のニーズをきちんと把握し、お客様のニーズを超える提案と、製品・サービスの向上を目指します。

2.お客様の要求や時代の変化、世界の構造の変化に柔軟かつ迅速に対応して、満足していただけるモノづくりを目指します。

3.設備と人的レベルの向上を常に考え、取り組み、乗り越えていきます。

4.品質マネジメントシステムを実施、構築し、有効性の確認と継続的な改善をして更なる向上・発展をして役立てていきます。

2018年5月10日
株式会社 鶴町製作所
代表取締役 鶴町 修

当社の環境方針

エコアクション21環境基本方針 企業理念 当社は、地球を守るため、環境との共生、調和を最重要課題として認識し、自ら責任を持ち全従業員をあげて環境負荷の低減に配慮した活動に取り組む経営を目指します。
当社の精密板金加工業としての企業活動をとおして、環境問題との関わりや環境への影響度合等の視点から環境問題へ取組むための環境方針を定め、地域環境や地球環境の保全活動に自主的かつ積極的に取り組むことを宣言します。
また、環境関連法規制等を遵守することをあわせて誓約します。
環境方針 1.自社における二酸化炭素排出量削減の推進
 事業活動に於ける電力、ガソリン、軽油の削減による二酸化炭素排出量の低減を推進します。

2.廃棄物排出量削減の推進
 事業所から出る廃棄物を最小限にすることを推進します。

3.総排水量削減の推進
 事業所内で使用する水の削減により、総排水量の削減を推進します。

4.グリーン購入の推進
 省資源のために、エコ商品の購入を積極的に推進します。

5.当社製品サービスの向上
 製品の不良を削減し、無駄のない物づくりを目指します。

6.化学物質は現在該当しないが、今後該当した場合は適切な対策をします。

エコアクション21

認証・登録日 2011年3月29日
改訂日 2017年4月1日
株式会社 鶴町製作所
代表取締役 鶴町 修

会社案内

[会社概要]

社名 株式会社 鶴町製作所
所在地 本社   :茨城県小美玉市西郷地1563-24 [map]
第二工場:茨城県小美玉市先後53 [map]
電話番号 本社:    0299-48-0123
第二工場: 0299-48-3001
FAX番号 本社:    0299-48-2120
第二工場: 0299-48-3099
資本金 1,000万円
設立 昭和49年5月
役員 鶴町 修 代表取締役
従業員数 20名
取引銀行 常陽銀行 美野里支店
水戸信用金庫 美野里支店
三井住友銀行 水戸支店
主な取引先 三菱重工冷熱(株)、(株)山善、日本ファイリング(株)茨城工場、
(株)諸岡、オリエンタル技研工業(株)、暖冷工業(株)

     
  •  
  •  
  • 日立建機株式会社及び日立建機グループの工場認定制度に合格しました。

[沿革]

昭和49年5月

東茨城郡美野里町に(株)丸徳を創立
代表取締役鶴町好文
屋根工事、金物販売を開始

昭和50年4月

溶接部門を設置

昭和57年5月

板金部門を設置
シャーリング、ベンダーを導入

平成元年

(株)鶴町製作所に称号変更

平成5年

NCタレットパンチプレスを導入

平成11年

マニュプレーターを導入

平成13年4月

ネットワーク対応ベンダー導入

平成14年7月

鶴町修代表取締役 就任

平成17年3月

レーザー加工機導入

平成19年1月

第二工場稼動開始

平成20年4月

ネットワーク対応タレットパンチEM2510NT導入

平成21年8月

バリ取り機 DB1000(村田)導入

平成26年9月

茨城県初(アマダ製)ファイバーレーザー加工機導入

地図

[本社]

 [詳細地図]
本社地図


[第二工場]

 [詳細地図]
第二工場地図




Copyright (C)Tsurumachi,Ltd. All Rights Reserved.